2019年ハロウィン グーグルで最も検索されたコスチュームは

2019年のハロウィン・コスチュームのトレンドは、ポップカルチャーの影響が大きいようだ。

グーグルで19年の個人用ハロウィン衣装として最も検索されたコスチュームは、日本では11月1日に公開予定のビル・スカルスガルド(Bill Skarsgard)出演の映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(It Chapter Two)」に登場する殺人ピエロ、ペニーワイズだった。

それに続いたのがおなじみの魔女のコスチューム、そしてここ1年で公開された映画「アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers: Endgame)」「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム(Spider-Man: Far From Home)」「スパイダーマン: スパイダーバース(Spider-Man: Into the Spider-Verse)」などに登場するスーパーヒーロー、スパイダーマンだ。

個人用コスチュームのアイデア・リストにはその他のポップカルチャーのキャラクターも含まれており、ネットフリックス(NETFLIX)のTVドラマ「ストレンジャー・シングス(Stranger Things)」やビデオゲーム「フォートナイト(Fortnite)」が挙げられる。また、16年に公開された映画「スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)」で女優のマーゴット・ロビー(Margot Robbie)が演じたことで復活したDCコミックス(DC Comics)のキャラクター、“ハーレイ・クイン”も人気だ。

またグーグルでは、過去1年間で人気が上昇した多くの新たなポップカルチャーに影響を受けたハロウィン・コスチュームも見られた。「ハードセルツァー」(アルコール入りの炭酸水)のホワイトクロー(White Claw)を模したコスチュームの検索は14倍もの劇的な増加を見せた。今年公開されて大ヒットとなった映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」からも、クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)演じる“おデブのソー”のコスチュームの検索が46倍も増加した。

今夏にシーズン3が放送されたネットフリックスの「ストレンジャー・シングス」も今年ウィン・コスチュームのトレンドに影響を与えており、特にジョー・キーリー(Joe Keery)演じるスティーブとマヤ・ホーク(Maya Hawke)演じるロビンがアイスクリームショップ「Scoop Ahoy」で働いていたときに着ていた制服が人気だ。劇中に登場する怪物、デモゴルゴンの検索も3倍増加している。

一方カップル用コスチュームの検索トレンドは、漫画や古典映画のキャラクターがいまだに人気だ。最も検索されたカップル用コスチュームはディズニー・チャンネル(THE DISNEY CHANNEL)の「リロ・アンド・スティッチ(Lilo and Stitch)」、続いて「俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)」、そしてニコロデオン(NICKELODEON)の子ども向け番組「Oops!フェアリーペアレンツ(Fairly OddParents)」のコスモとワンダだ。

グループ用コスチュームでは、ディズニー映画「ディセンダント(Descendants)」が検索トレンドのトップだった。そしてビデオゲーム「フォートナイト」、ネットフリックスの「ストレンジャー・シングス」と続く。「トイ・ストーリー(Toy Story)」「パワーパフガールズ(The Powerpuff Girls)」「モンスターズ・インク(Monsters Inc.)」など多くの漫画作品や、80年代、90年代作品のコスチュームも多く検索されている。

50ブランドのリーダーが織りなすパルコの秋スタイル

パルコは2019年秋の新作アイテムの広告キャンペーン「50 STYLES 50th PARCO」を12日に開始した。今回は同社の開業50周年にちなみ、総勢50ブランドの新作を使ったコーディネートを紹介。キャンペーンに起用されたモデルのNikiとともに、各ブランドのスタイルアイコンが個性あふれるコーデを披露する。自分にぴったりの秋スタイルを見つけよう。

多彩な秋の装いを見せるブランドアイコンたち

キャンペーンに登場するのは、「グレース コンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)」のアイテムをまとうNikiをはじめ 、「ビームス(BEAMS)」の土井地博コミュニケーションディレクター、「ステュディオス(STUDIOUS)」の中根大樹ディレクター・バイヤー、「トゥモローランド(TOMORROWLAND)」の山野邉彩美バイヤー、「ダブルクローゼット(W CLOSET)」の花井千春執行役員販売部部長ら。“5 THINGS ABOUT MY STYLE”をテーマに、それぞれが大切にしているファッションルールに基づいたスタイリングを着用し、自身のファッションにまつわる5つの質問に答えた。

着用アイテムが当たるプレゼント企画も

パルコ館内での対象ブランドで買い物した客には、ブランドアイコンたちの着用アイテムのプレゼント企画も用意する。購入時に手渡されるステッカーから応募が可能だ。応募期間は9月12日~10月6日。当選者には10月中旬以降に賞品が届く。

Nikiのファッションルールは?動画をチェック

特設サイトでは、新作カタログとともに出演者のファッションルールを紹介するキャンペーン動画も公開している。秋服にバッグ、アクセサリー……次々と切り絵のように飛び出すアイテムは、「あれもこれもほしい」とわくわくするNikiの頭の中をイメージしたもの。ポップでキュートなポスターはデザイナーの小池アイ子、ムービーは映像作家の吉岡美樹が手掛けた。

4人のアーティストが語る「GUCCI 4 ROOMS」の部屋

「グッチ(GUCCI)」による新アートプロジェクト「GUCCI 4 ROOMS」が、グッチ銀座店とドーバー ストリート マーケット ギンザで一般公開されている。それぞれの部屋を制作したのは、国内外で活躍するメディアアーティストの真鍋大度と現代美術家の塩田千春とMr.、アレッサンドロ・ミケーレ「グッチ」クリエイティブ・ディレクターと共に、2016-17年秋冬コレクションで“グッチ ゴースト”を発表したカナダ人グラフィティ・アーティストのトラブル・アンドリューの4人だ。各部屋には、“部屋”作りの素材になった「グッチ」の最新コレクションが置かれ、独自の世界観に溶け込ませている。メディアテクノロジーや現代アート、ストリートグラフィティを用いた一つとして同じ部屋のない「GUCCI 4 ROOMS」を4人へのインタビューでひも解く。

今回の作品は、「グッチ」のコレクションテーマやアイテムに綴られた言葉をヒントに、まずアレッサンドロからコレクションの着想源であるフランス文化やギリシャ神話に関する資料を集め、解析することから考え始めました。資料の中でも印象的だったのは、テーマの「RHIZOMATIC SCORES」に関する文章と図形楽譜。自分の会社名と同じ「ライゾマティクス」だったので、特に印象強かったです(笑)。フランスの哲学では重要な概念とされる「リゾーム」(ライゾマティクスの名詞)は、単純な階層構造ではない複雑な組織について書かれている哲学なのですが、私が大学在学中に興味があったことに近かったので、さらに偶然を感じましたね。「WORDS ROOM」では、アレッサンドロが表現した文学や神話にフォーカスし、フランス語で書かれた「愛は盲目」などの言葉を集め、それを元にアーティストの畳谷哲也にグラフィックを制作してもらいました。8アイテムそれぞれのストーリーと隠しコマンドでスペシャルストーリーを用意しています。これまでの作品に比べると、グラフィック・デザインを有機的に盛り込んでいることは特徴です。人によって体験できる映像が違うので、ぜひ楽しんでほしいです。

私の作品で常にコンセプトとしていることは「不在の中の存在」です。私のキー素材である赤い糸を部屋全体に張り巡らせた「HERBARIUM ROOM」では、ベッドの皺(しわ)を残したままにしていたり、ふと置いたものがそのままになっていたり、そこに誰かがいたような空間を作りました。私にとって赤は、血液の色。今回用いた「グッチ」の“ハーバリウムプリント”は、流動的な植物モチーフがとても印象的で、私の赤い糸に通じるものがありました。壁や床一面に貼られた“ハーバリウムプリント”があったことでとても制作しやすかったです。赤い糸を使う手法は、絵画を学んでいた時に平面ではなく、空間にドローイングしたくて、今のようなインスタレーションになりました。洋服などファッションアイテムを作品に採用することが多いのですが、私にとってファッションは「第二の皮膚」だと思っています。アレッサンドロが創る「グッチ」の世界観は、とても斬新で前衛的でブランドの新しい一面が見えたように思えました。アートとファッションに境界線というものはなく、どちらも人が日常生活の中で感じられるものだと再認識しました。

「GARDEN ROOM」を作る素材となったのは、「庭」というテーマと植物や動物モチーフをあしらった“グッチ ガーデン”のアイテムでした。「グッチ」は伝統的なブランドというイメージがあったのですが、大ぶりでカラフルな刺しゅうやプリントが特徴の“グッチ ガーデン”を見て、その大胆なデザインに衝撃を受けました。その大胆さが“ギリギリ”な感じで、面白さを感じましたね。東京を舞台にした2016-17年秋冬のキャンペーンビデオでは、ネオン街でデコトラを走らせり、パチンコ店や日本家屋を背景にしたり、アレッサンドロは日本をこんな風に捉えているんだなと理解しました。ここ2年くらいの自分の作品は汚したり、壊したり、どちらかというときれいじゃないものを作っていたのですが、アレッサンドロが感じた日本を見て、僕も身近にある日本をそのまま、かっこつけないで、自然の癒しや爽やかさのある「庭」を自分なりに解釈することにしました。「GARDEN ROOM」の女の子の顔やツチノコをアイコン的に大きく置いた大胆さの中にも、今の日本の資本主義に疲れちゃって、時代に希望を持てない、そんな心情を表現しています。階段の上から下から、あらゆる角度から体感できる空間です。

今回の「GUCCI GHOST ROOM」は、まさに僕が描くキャラクター、“グッチ ゴースト”の空間。NYブルックリンに置くアトリエを再現するように、“アットホーム”をコンセプトにしました。“グッチ ゴースト”は、「グッチ」の2016-17年秋冬コレクションで生まれたものではなく、僕の好きな「グッチ」をオマージュし、クリエイションとして表現したパロディー作品です。はじめは、「『グッチ』が気に掛けるわけがない」と批判的な声も多かったですが、アレッサンドロは認めてくれました。彼は何をするにも、恐れを持たない。僕のアイデアを包み込むように聞いてくれるし、話し合いを通して直感で理解してくれます。初めて会った時、仕事に対するこだわりを強く感じました。今回のコラボレーションを通じ、夢は信じればかなうこと、アートやファッション、音楽はお互いが新しいアイデアを作る原動力であるということをあらためて実感しました。今回、6年ぶりに来日しましたが、日本はいつもフレッシュさを感じるスーパーエキサイティングな都市。3人の日本人新進アーティストとこのプロジェクトに取り組むことができて、うれしかったです。何一つ同じ部屋はないのだから、面白い空間です。

ルイ・ヴィトン新作レディースバッグ、デニム素材の「カプシーヌ」やバイカラーの「ドーフィーヌ ミニ」

デニム素材の「カプシーヌ」
アイコンバッグ「カプシーヌ」には、デニム素材の新色がラインナップ。ハンドルやストラップ、LVイニシャルパーツには、真っ赤なレザーをあしらい、コントラストを効かせている。フラップやバッグ上部には、コットンの繊細なフリンジを配して華やかに。ハンドバッグとしてはもちろん、取外し可能なストラップ付きでショルダーバッグとして使うこともできる。

ポップなカラーリングの「ツイスト」
「ツイスト」には、ポップなカラーリングの新色を用意。煌めくドット柄をベースとしたレザー製のボディに、色鮮やかなスプラッシュ・プリントを施している。中央でメタリックな輝きを放つのはアイコニックなLVモチーフ。遊び心も備えたエレガントなバッグは、タウンユースからドレスアップシーンまで幅広く活躍してくれそう。

「ドーフィーヌ」のミニサイズがバイカラーで
「ドーフィーヌ ミニ(MINI)」は、1976年のクラシカルなモデルから着想を得た「ドーフィーヌ」を、ミニバージョンに仕立てた新作レザーバッグ。ブラウンとピンクのバイカラーが洗練された印象をもたらしている。ゴールドに輝くLVサークルのマグネット式留め具もポイント。調節可能なレザーストラップ付きで、ショルダーバッグやクロスボディバッグとして楽しむことができる。

エマ・ストーンらを起用したキャンペーンビジュアルも

なおルイ・ヴィトンは「カプシーヌ」「ツイスト」「ドーフィーヌ」のバッグを2019年春夏キャンペーンビジュアルにも起用。エマ・ストーンが「カプシーヌ」、アリシア・ヴィキャンデルが「ツイスト」、レア・セドゥが「ドーフィーヌ」を身に着けて登場している。

【詳細】
ルイ・ヴィトン 2019年春夏コレクション 新作レディースバッグ
発売中 ※2019年4月現在
アイテム例:
・カプシーヌ PM 588,600円(税込)
・ツイスト MM 460,080円(税込)
・ドーフィーヌ MINI 374,760円(税込)

【問い合わせ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス

2020年春夏ロンドン・メンズ・ファッション・ウイーク

6月7~10日、2020年春夏ロンドン・メンズ・ファッション・ウイークが開催された。最も着用率が高かったのはテーラードジャケットで、ストリートからフォーマルへの回帰はコレクションのみならずオフランウエイでも決定的に。ただし、ビッグサイズをチョイスしてインナーにナイロンパーカを着込んだり、開襟シャツを合わせてルードに仕上げたりと、ストリートテイストを融合させた着こなしがメインだ。またスカーフやネックレスを用いて、首元にアクセントを加えるテクニックも目立った。

 2019-20年秋冬シーズンのトレンドとなりそうなアニマル柄は、ロンドンではすでに市民権を得ているようだ。レオパードやパイソンといったインパクトのあるパターンを、総柄シャツやパンツで取り入れて一点突破する人や、バッグなどの小物で取り入れて差別化を図る人が見受けられた。そのほか、今シーズンのトップバッターを務めた「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」のアイテムをはじめ、未来感のあるワークウエアも支持を集めた。

ボウタイブラウス&ベルトがキーアイテムのフレンチスタイル

ベイクルーズグループの「イエナ(IENA)」は数シーズン、既存店ベースで前年同期比10%増と好調に推移する。2019-20年秋冬はコートとニットを強化し、バリエーションを豊富にそろえ、好調をキープする。

特に、昨年大ヒットしたイタリアのテキスタイルメーカー、マンテコ(MANTECO)の生地を用いたコートにフォーカス。膝下丈でゆったりとしたシルエットが特徴だ。「昨年4回追加発注をかけたヒットアイテムで、「イエナ」を代表するコートになった。オン・オフ兼用で着て毛玉になりにくい点や4万4000円という価格も支持され、各色3000枚を売り上げた」と長谷川真美PR担当はいう。幅広く用意するニットは、毎シーズン人気を集める薄手ウールのリブニット(1万1000円)がイチ押し。「ボディーラインを強調し過ぎないところが人気の理由」だという。

この数年の流れでは、スポーツテイストやカジュアル傾向が続いていたが、19-20年秋冬はぐっとクラシック傾向が強まったことを受けて「もう一度『イエナ』が得意とするフレンチスタイルを見直す」シーズンにする。秋冬でもきちんと着られるシャツや、ウールやレザーなどさまざまな素材のセットアップをそろえ、ボウタイブラウスやベルトをキーアイテムに「着崩すのではなくキッチリ“固める”」スタイリングを提案する。

色はベージュからブラウンをベースに差し色としてイエローを選んだ。素材は、レザー × ウール × レースといった異素材ミックスを、柄は数年続くチェックを継続しつつ、ペイズリーとの柄ON柄を提案する。ペイズリーは一部ワンピースなどでも提案するが、バッグやストールなど小物で多く用意する。